イタチ科

アメリカアナグマ

アメリカアナグマ

アメリカアナグマの基本情報

アメリカアナグマ

英名:American Badger
学名:Taxidea taxus
分類:イタチ科アメリカアナグマ属
生息地:カナダ, アメリカ合衆国, メキシコ
保全状況:LC〈軽度懸念〉
アメリカアナグマ

コヨーテは友達?

アナグマの前肢の長くて鋭い爪は、穴を掘るスコップとして使われます。

アナグマは、この爪で穴を掘ることにより、ほとんどの獲物を捕らえます。

獲物を捕らえるために掘られた穴は深さ3m、長さ10mにも及び、身を隠したり眠ったりするのにも使われます

特に出産・子育てに使われる穴はより複雑になり、付加的な側道を設けることですれ違うことができます。

 

アナグマは行動圏にいくつかの巣穴を持ち、同じ穴を長く使うことはありません。

そのため、キツネスカンクアナホリフクロウなど他の動物が使われていないアナグマの穴を巣穴として使うことがあります。

 

さて、穴掘り大好きのアメリカアナグマですが、イヌ科のコヨーテとの面白い関係が知られています。

彼らの獲物であるジリスなどの地下性哺乳類は、穴の中まで追いかけてくるアナグマから逃げるべく、穴の外に逃げようとします。

そこで待つのが、穴に入れないコヨーテです。

コヨーテはアナグマに追われて穴から出てきた獲物を、待ってましたと捕らえます(下の動画で見ることができます)。

ある報告によると、この方法によりコヨーテが獲物を捕らえることができた確率は、通常の1.3倍以上にまで上昇したようです。

一方、コヨーテに獲物を奪われたアナグマですが、彼らがどのようにコヨーテから利益を得ているかはあまりよく分かっていません。

ただ、穴の出口にコヨーテがいることで獲物の退路がふさがれたり、コヨーテが狩り場を見つけるのを手伝ったりすることで利益を得ているとは言われています。

 

ともに狩りをし、遊ぶことすらあるコヨーテとアメリカアナグマですが、面白いことに、アメリカアナグマの捕食者にはコヨーテが名を連ねています

一方で、アメリカアナグマがコヨーテの赤ちゃんを食べたという記録もあります。

彼らは果たして友達なのでしょうか、それとも敵なのでしょうか。

コヨーテ (Coyote (Canis latrans) | NPS/Michael Vamstad | Joshua Tree National Park | Flickr) ©2014 Joshua Tree National Park: clipped from the original カテゴリ:イヌ科、イヌ属 タグ:イヌ科、イヌ属、軽度懸念、北米、ベリーズ、カナダ、コスタリカ、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ニカラグア、パナマ、アメリカ合衆国 #コヨーテの基本情報 英名:Coyote 学名:Canis latrans 分類:イヌ科 イヌ属 生息地:ベリーズ、カナダ、コスタリカ、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ニカラグア、パナマ、アメリカ合衆国 保全状況:LC〈軽度懸念〉 (coyote043 | Coyote (Canis latrans). CDFW file photo by Debra… | Flickr) Photo credit: California Department of Fish and Wildlife #勢力拡大中 小さくはあるものの、その姿はプレーリーウルフなどとも呼ばれるようにオオカミそっくりなコヨーテ。多くの肉食動物がその数を減らし危機的状況に陥っている中で、このコヨーテは勢力を拡大中です。 もともと、コヨーテはアメリカ西部の草原で暮らしていました。しかし、19世紀、森林の伐採や狩猟などの人間活動のためにオオカミやジャガーといった大型の肉食動物がいなくなると、その隙間にコヨーテが入り込みます。現在、コヨーテは北はアラスカ、カナダから、南はコスタリカまで分布域を拡大しています。 ジャガー ただ、彼らも他の肉食動物と同じく迫害されてきた歴史を持ちます。家畜を襲うとして、今でも駆除の対象になっているほどです。それにもかかわらず彼らがここまで繁栄できたのは、彼らの生活が非常に柔軟だからです。 コヨーテは、主に肉食ではあるものの、果実や草本などの植物質や昆虫も食べます。また、人が残した食べ物も食べることができるため、彼らは人が住む都市周辺でも生活できます。さらに、腐肉はエサが少ない冬には彼らにとって大きな食料源となっています。 コヨーテは、その地の食料に合わせた社会を作ります。例えば、有蹄類がいるような地域では、獲物を捕らえるために複数頭から成る群れを作ります。そのような獲物がおらず、齧歯類などの小型哺乳類が主な獲物となる地域では、単独で行動します。 食性や社会だけではありません。生息環境も多様です。先述のように、コヨーテは草原で生活していた動物ですが、森林や農地、砂漠でも生活することができます。コヨーテは、夏には気温50度にも達する苛酷なデスバレーにも生息しています。 このようにコヨーテは柔軟に生きていけるため、肉食動物では例外的に個体数や分布域を拡大することができています。ただ、彼らより大きいオオカミの存在は、彼らの勢力拡大の大きな妨げになっているようです。実際、オオカミが姿を消してコヨーテが台頭していたイエローストーン国立公園のラマー・バレーでは、1990年代のオオカミの再導入により、コヨーテの個体数が4割ほど減少しています。そもそもコヨーテが繁栄できたのは、人間活動によりオオカミが減少したことが大きな理由と考えられています。 オオカミのように人間活動により絶滅の危機にさらされる生き物がいる一方で、それを好機として勢力を増す生き物がいます。コヨーテはその柔軟な生態によって、好機を生かすことができた数少ない肉食動物と言えるでしょう。 (Coyote (Canis latrans) | And these are the parents of the si… | Flickr) Photo credit: Gregory “Slobirdr” Smith #コヨーテの生態 名前 コヨーテという名前は、日本語で吠える犬を意味するアステカ族の言葉、“coyoti”に由来します。学名のCains latransも同じく吠える犬を意味します。コヨーテは北米で最もうるさい哺乳類と言われるほど、騒がしい動物です。少なくとも11種類の音声を使って頻繁にコミュニケーションをします。 (https://youtu.be/rYZKHe7WL0Q) 生息地 コヨーテは、北米、中米の森林や草原、砂漠、沼沢地、都市近郊など様々な場所に生息します。 食性 摂取物の9割は哺乳類が占めます。有蹄類やウサギ、齧歯類などの小型哺乳類の他には、鳥類や爬虫類、両生類、魚類、甲殻類、昆虫、果実、家畜も食べます。ボブキャットやアカギツネ、ハイイロギツネを襲うこともあります。狩りの仕方は獲物の大きさによって変わります。例えばネズミの場合などは、キツネのように上にジャンプして前足で押さえつけて捕食します。有蹄類の場合は、疲れたら他の仲間がというように複数で交互に追いかけて捕らえます。コヨーテは最高時速65kmで走ることができます。また、アメリカアナグマと狩りを協力することでも知られています。コヨーテの捕食者は少ないですが、オオカミやピューマなどがいます。 (https://youtu.be/-VvPolKsSew) アナグマの記事 アナグマの記事にコヨーテの記事の貼り付けをお願いします(メインのとこ) ボブキャット、ハイイロギツネ、ピューマの記事 形態 体長は1~1.35m、肩高は約50㎝、体重は7~20㎏、尾長は30~40㎝で、オスの方が大きくなります。臭腺が尾の付け根にあり、14㎝の耳はオオカミのものよりも大きいです。また、オオカミが尾をあげて走るのに対し、コヨーテの尾は走っている時も垂れたままです。アルビノは非常に珍しく、1938~1945年にかけて捕獲された75万頭のうち、たった2頭しかいなかったと言います。 行動 コヨーテは主に夜行性ですが、日中も普通に活動します。単独、ペア、数頭から成る群れで生活し、5~142㎢の行動圏を持ちます。行動圏はオスの方が大きく、なわばり性は比較的弱いです。子育てが行われる巣穴は、岩の隙間などに作ったり自分で掘って作ったりすることもあれば、アナグマやスカンク、ウッドチャックが捨てたものを大きくして使う場合もあります。コヨーテはイエイヌやオオカミと交雑します。イエイヌとの子はコイドッグ、オオカミとの子はコイウルフと呼ばれ、特にコイドッグは繁殖力が強く、家畜を襲う傾向が強いため害獣として問題視されています。 シマスカンクの記事 繁殖 コヨーテは冬に交尾します。交尾の2,3カ月前からペアで行動するようになります。ペアの関係は数年続くこともあるようです。イヌ科動物に特有の交尾結合は、コヨーテの場合5~45分続きます。妊娠期間は60~63日で、200~500gの赤ちゃんが3~15頭(平均6頭)産まれます。育児には母親だけでなく、エサを持ってくるなどして父親も参加します。赤ちゃんは生後10日で目を開き、3~4週で巣から出始めます。生後5~7週には離乳し、9カ月ほどで大人の大きさに、そして独立していきます。独立が遅れたものはヘルパーとして群れに残ることもあります。性成熟は1歳までに達しますが、実際の繁殖はその先のことです。寿命は野生で6~8年、飼育下で15~18年です。 (Coyote (4) | Saguaro National Park | Flickr) Photo credit: Saguaro National Park #コヨーテに会える動物園 コヨーテは、かつて毛皮目的で狩猟されたり、その肉が食べられたりしていました。現在では、家畜を襲う害獣とされており、その被害は2004年、合衆国で死んだ22万4千頭のうち、約6割はコヨーテが原因であると言われているほどです。家畜を守るため、今でも年間万単位でコヨーテは捕殺されています。ただ、コヨーテは死肉も食べるため、家畜を食べているコヨーテが必ずしもその家畜を殺したわけではないという点は留意が必要でしょう。狩猟圧といった人間の影響はあるものの、今のところ、コヨーテは個体数を増やし続けており、レッドリストにおける軽度懸念という評価からも分かるように、絶滅の危機にはありません。 そんなコヨーテですが、残念ながら日本の動物園では見ることができません。なので、興味がある人は是非アメリカに行って直接彼らを見てみてください。ただ、彼らは北米一病原菌や寄生虫を持っていると言われているので、近づきすぎないようにしましょう。 (Coyote | Canis latrans I still can't believe how close this … | Flickr) Photo credit: Shanthanu Bhardwaj©2014 Joshua Tree National Park: clipped from the original
コヨーテコヨーテの基本情報 勢力拡大中 小さくはあるものの、その姿はプレーリーウルフなどとも呼ばれるようにオオカミそっくりなコヨーテ。 ...
シマスカンク
シマスカンク臭いにおいを発射することで有名なスカンク。実は、ある音楽のジャンルとの意外な関わりがあります。...

アメリカアナグマの生態

アメリカアナグマは、カナダアメリカ合衆国メキシコにかけて、プレーリー牧草地などの乾燥し開けた環境に生息しています。

 

彼らは肉食で、ホリネズミなどの哺乳類や、鳥類爬虫類昆虫を食べます。

時々植物質も食べます。

彼らを食べる捕食者には、コヨーテの他、ボブキャットピューマ、猛禽類がいます。

 

体長は60~75㎝、肩高は20~25㎝、体重はオスが8~12㎏、メスが6~8㎏、しっぽの長さは10~15㎝で、性的二型が顕著です

また、彼らは埃や砂から目を守るための瞬膜を持ちます。

 

アメリカアナグマは主に夜行性で、単独性ですが、人間がいないところでは昼にも活動するようです。

行動圏は1㎢前後で、繁殖期には広く、冬に狭くなります。

冬になると彼らの活動は劇的に減少します。

冬眠することはありませんが、トーパーという、体温を一時的に環境温度近くにまで下げた状態になることがよくあります

この時、体温は9度にまで下がり、心拍数も通常の半分になります。

 

アメリカアナグマの繁殖には季節性があり、交尾は夏の終わりから秋の初めにかけて行われます。

しかし、着床は12月~2月にかけて見られます(遅延着床)。

メスの妊娠期間は約6週間で、1~5匹、通常3匹の赤ちゃんが春の初めに産まれます。

赤ちゃんは巣穴で母親に育てられ、生後2~3カ月で離乳し、生後5~6カ月で独り立ちします。

性成熟に達するのはオスが14カ月、メスが12カ月で、寿命は野生下で12~14年、飼育下で最長26年の記録があります。

アメリカアナグマPhoto credit: California Department of Fish and Wildlife’s photostream

アメリカアナグマに会える動物園

アメリカアナグマは、いくつかの脅威により個体数を減少させていますが、絶滅に関してはレッドリストで軽度懸念とされているように、今のところ危惧されてはいません。

彼らの脅威としては、新たな農地による生息地の代替、交通事故、駆除や生息地破壊によるえさであるプレーリードッグなどの減少、穴が家畜や車に被害を及ぼすなどの理由による駆除等があります。

 

そんなアメリカアナグマですが、残念ながら日本の動物園では見ることができません

しかし、日本にはニホンアナグマがいます。

ニホンアナグマは、日本全国の動物園や野生下でも見ることができるので、アナグマの穴を掘る姿を見たいと言う方は、彼らを観察してみるといいかもしれません。

ニホンアナグマ©2015 Alpsdake: clipped from the original
ニホンアナグマ日本の固有種であるニホンアナグマ。タヌキと間違えられがちな彼らの生態などを詳しく解説します。...